意外と知らない?!プラントの施工管理の仕事内容


プラント工事での施工管理の仕事とは?

施工管理の仕事は、工事が滞りなく進むように管理することです。工事を完了させるためにはスタッフのスケジュール管理はもちろんのこと、スタッフが安全に仕事が出来るように現場を管理する必要があります。工事全体を仕切って、予定通りに安全に作業が行えるようにサポートするのが施工管理の大切な仕事です。工事完了までには進捗状況も把握して、必要に応じてスケジュールを変更したり、スタッフの増員をしたりして期日までに工事が終わるようにします。また工事に関わる全ての管理だけでなく、デスクワークをして必要書類を作成することもあります。

関係者との話し合いなどに出席したり、自治体とのやり取りをしたりと様々な人たちと関わるのも施工管理の業務の一つです。自分たちの意見をきちんと伝えながら、相手の言いたいことを理解して双方の言い分を元に工事内容や工事日程を決定します。工事現場と関係者の仲を取り持って、スムーズに工事が進められるように配慮するのです。

施工管理の仕事をするときに必要な資格

施工管理の仕事をしたいときには、施工管理技士の資格が必要になる場合があります。この資格は国家試験の一つで、取得しておくと仕事の幅が広がったり、任せられる仕事も増えていくのです。所定の実務経験年数を積むと受けられる試験なので、実務経験がない場合は経験を積むことからはじめましょう。プラントの工事では工事の規模が大きく、専門知識か必要な場面も多いので、取得しておいても損はほとんどありません。

プラントとは工場や工場の設備のことです。そのプラントの企画や設計、建築などを行うのがプラントエンジニアリングになります。業務の規模が大きく建築界の中でも専門的な分野です。